徐毛ではない抑毛とは

徐毛とか脱毛とかいう言葉はけっこう聞きますが、最近抑毛っていう言葉を目にすることがあります。
脱毛といえば毛を抜き去る感じがします。毛抜きでぷつっと毛根から抜ききるとか、それこそ永久脱毛の感覚で毛根まで消し去るとかいったイメージです。溶かして徐毛といえば拭き取るって感じがします。毛穴の中まで薬が毛を溶かして、それを拭き取ったり洗い流したりするってイメージです。徐毛だと毛の先が滑らかになってるので目立ちにくそうっていうイメージもあります。脱毛だとフツーに生えてくる、もしくは毛穴自体がなくなって塞がってそうっていうイメージもありますね。

 

では気になる抑毛とはなんぞや〜!!となりますが、基本的に徐毛とかをして、表面的に毛がない状態で、抑毛ローションや抑毛クリームを続けて塗っていると、毛が生えてくるのを押さえることができるっていうものらしいです。
毛が生えてくるのを抑えるってことは、毛根の中の毛母細胞とかに働きかけて、その活動を止めることができるのか!?と、思わずすごい発明ではないかと思ってしまったのですが、よくよく商品をみていると、どうやら違うみたいですね。そらそーだ、そんなことが出来たら永久脱毛の新しい方法が発表されるはずだ。

 

この抑毛ローションとか抑毛クリームって、要するに、タンパク質分解酵素とかを肌に塗ってることになるんですね。成分はまちまちですけど、植物由来とか書いていても見てみると、パイナップルとかパパイヤとか、タンパク質分解酵素を含んでますもんね。パイナップルとかを食べたときに口の中がピリピリするのは口の中の粘膜がその分解酵素によって若干溶かされてピリピリするんですよね。パパイヤの分解酵素はダイエット食品何かにも使われて、けっこう大っぴらにアピールされています。
…と、考えると、抑毛っていうのは、徐毛商品の効果がもんのすごく緩やかで、続けることで毎日少〜しずつ毛のタンパク質を溶かしていくものを肌に塗り続けていくってことなんですね。なるほど、抑毛とはうまく言ったものですね。成分を見てみるとほとんどの成分が美肌目的で使われる成分で、タンパク質を分解する作用のあるものはパパインとかが入ってますね。

 

口コミを見てると「毛も薄くなってきてるけど、肌がツルツルになった」とかいう感想がありますが、タンパク質を分解するものを肌に塗ってるんだから、若干のピーリング効果もあるだろうし、当然ですね。そう考えてみればかなりお得な感じですね。毛を溶かしながら肌の表面を一皮剥くことができるっていうことですもんね。こりゃ、ちょっとしたお手入れに効率よくお安く便利かもですね。

 

だけど、やっぱりすれば毛が薄くなったり生えなくなる脱毛が一番いいのではないかと思ってしまいますね〜。

 

関連ページ

太ももを細くしたい
太ももを細くしたい。そう痛感しています。最近履くズボンの太ももがきつくて困っています。
節約料理にパンの耳
パン屋さんに行くとパンの耳がもらえたり、格安で手に入ったりしますよね。けっこう量も多くて貧乏な時にはとてもありがたいです。
そのムダ毛がなければ、ファッションスタイルとして完璧なのに!
旦那のすね毛が薄くてまばら・・・だからこそいっそ処理してほしいと思っています。
医療脱毛で顔ひげを脱毛しました
医療脱毛で顔ひげを脱毛しました。医療脱毛の前に光脱毛サロンに通っていたのですか、
旦那が禿げを気にしています
私の旦那は少し禿げています。旦那もそのことを気にしていて、いつも出かけるときは帽子をかぶることが多いです。旦那は顔はカッコイイのですが、、頭のてっぺんが特に薄くなってきているので、私も気にしてしまうことあります。